友達全員にパートナーができて、1人取り残された時に、無性に恋愛したくなる

友達全員にパートナーができて、1人取り残された時に、無性に恋愛したくなる

友達全員にパートナーができて、1人取り残された時に、無性に恋愛したくなる

 

友達全員にパートナーができて、1人取り残された時に、無性に恋愛したくなる"私が「あー、恋愛したい」と無性に思う時は、仲の良い友達全員にパートナーができてしまって、気がついたら自分だけが取り残されてしまっていた時です。
パートナーができてしまうと、いくら仲の良い友達でも、女友達よりもパートナー優先になってしまうことが多くなるので、その期間、遊んでくれる友達が減ってしまうという寂しさも理由の1つです。

 

ただ、だからと言って「彼氏にできるなら誰でも良い」ということではないのです。早まって、好きでもない人と付き合ってしまうと、自己嫌悪の方が強くなるからです。その感覚は、「今、恋人がいない寂しさ」よりもずっと虚しいものです。

 

そして、やはり友達にパートナーができたら気持ち良く祝福したいというのが本音です。でも自分自身が満たされていないと、友達の幸せをどうしても手放しで喜べないんですよね。だからこそ余計に、「私も充実した恋愛をして、心から友達のことを祝福したい」と思ってしまい、無性に恋愛をしたくなってしまうのです。満たされない状態が長く続いて、いつの間にか「イヤな女」になってしまうのがとても怖いのです。そんな気持ちが高まれば高まるほど、「お互いにまっすぐ向き合えるパートナーの存在」を、心の底から求めてしまうのです。"